いちご鼻になる大きな原因

いちご鼻の原因は主に3つあります。乾燥による過剰な皮脂の分泌と肌荒れと皮脂の詰まり、そして角栓の酸化です。いちご鼻になりやすい人の共通点として「乾燥肌でなおかつ脂性の人」ということがよくいわれます。

 

一つ目の原因は乾燥によっておこる過剰な皮脂の分泌です。肌が乾燥して身体の水分量が減ってくると、身体が表面を潤そうとして皮脂をより多く出してしまうのです。これは身体に本来備わった防御反応なのです。しかし、皮脂が過剰に出てしまった場合毛穴に詰まる角栓の元になってしまいます。2つ目の原因は乾燥からくる肌荒れと皮脂の詰まりです。肌が乾燥し始めると肌表面ががさがさになってきて、肌が硬くなり荒れてきます。この肌荒れにより毛穴が詰まり分厚くなってくると、分泌された皮脂の出口を塞いでしまうので悪循環に陥ってしまいます。その結果硬くなった皮脂は角栓となって洗顔では落としにくくなってしまうのです。3つ目の原因としてあげられるのが、洗顔で落せなかった角栓が酸化してしまうことです。洗顔で落せなかった毛穴の角栓に空気が触れると酸化して黒ずみに変わってしまいます。また、酸化した皮脂が刺激物質となり肌にダメージを与えて、毛穴をくぼんだ状態にしてしまうため大きく目立ってしまうのです。こうなると汚れが詰まっていなくても肌がくぼんで毛穴が黒く見えてしまいます。

 

(鼻の印象をよくしましょう)
また、いちご鼻の原因となる角栓を取り除こうとして市販の鼻パックなどで強引に取ろうとする人もいますが、きちんとケアしないとかえって悪化させる原因になることもありますので気をつけましょう。
肌トラブルの多くは肌の水分不足が関係していると言われます。いちご鼻も、水分不足が原因だと指摘する美容家が多いです。清潔にして、洗顔をしたあとは、やはり保湿が大事だと言えます。

 

いちご鼻から
やっと解放された!