いちご鼻は治ります

たとえいちご鼻になってしまっても必ず治ります。いちご鼻は肌の乾燥と酸化がすすんでできてしまったものですから、この過程をどれだけ抑えられるかがポイントになります。

 

いちご鼻は皮脂の多いTゾーンにできやすいです。過剰な皮脂を分泌する毛穴を塞いでしまうと、角栓つまりや毛穴の黒ずみ・毛穴の開きをおこし、いちご鼻に近ずいていってしまいます。これらの問題を1つずつ解決していくことが「いちご鼻」を治す近道なのです。しかし、皮脂は必要に応じて常に出てくるものです。正常なターンオーバーを繰り返している皮膚であれば洗顔で古い角質は落ちていきます。しかし、バランスが乱れて正常にターンオーバーできなくなった皮膚だと剥がれ落ちずに、毛穴周辺に残った古い角質と過剰に分泌された皮脂とが混合されて毛穴に詰まってしまいます。これを角栓詰まりといいます。この混合物には古い角質などと一緒にクレンジングで落しきれなかった残り(汚れ)も入ります。毛穴の黒ずみは毛穴の角質と皮脂が原因となります。いちご鼻が気になって専用のパックなどを使っている人もいると思います。しかしもしあなたがいちご鼻を治したいのならおススメはできません。パックを剥がす時の周囲の肌への負担がとても大きいのです。ぽっかりあいた毛穴はとても無防備です。すぐに毛穴を収縮させる効果のある化粧水を使いましょう。なければ冷水で冷やすだけでも構いません。

 

(生活習慣も大切)
それから、いちご鼻を治すには十分な睡眠が必要です。人が眠っている間に肌はターンオーバーを行いますので、しっかり眠って内側からも治す環境を作っていかなくてはなりません。また、食生活も野菜抜きの脂っこい料理ばかりとか、スナック菓子の食べ過ぎも避けるようにしましょう。