いちご鼻は化粧崩れの元

いちご鼻になってしまうと化粧が厚くなっていき化粧崩れがしやすくなります。

 

いちご鼻というのは、毛穴の皮脂が過剰に分泌するために招いた肌トラブルです。また、いちご鼻になった人の多くは頬の毛穴も涙状にひろがっていることが多いのです。それを化粧でごまかそうとすると、それでなくても皮脂の多いTゾーンにファンデーションを幾層にも重ねがちです。肌に充分な水分量やハリがないと、たるみが現れます。このたるみが毛穴を大きくし黒ずみを作ってしまうのです。また、ホルモンバランスが崩れるといちご鼻になりやすいし、黒ずみの原因になります。夏は特に外で汗をかき、建物内でのエアコンで肌が乾燥しやすく、Tゾーンを中心に化粧崩れをおこしやすいのです。顔がてかってくるといちご鼻も目立ちます。しかし、朝の化粧を念入りにしても一日持つわけではありません。女性は日中毎日化粧直しをします。それに最近は若い男性もファンデーションを塗る方も増えたようです。顔がてかってきても、あぶらとり紙ではなくティッシュで押さえる程度で十分です。

 

(化粧品もしっかり選びましょう)
またSPF30とか50という化粧品も多く出回っていますから、なるべく薄くそして、昼だけでなく一日数回に分けて化粧直しをすれば、肌の負担も少なくいちご鼻も目立たなくなります。